今回は、YOUTURNラジオ(Podcast配信中)から今届けたいホットなテーマをピックアップして再構成したものをお届けします。

今回のテーマは 「可処分“気力”、持てていますか?」
漠然とした迷いや悩みを抱えている方に、ぜひ読んでみていただきたい内容です。

詳しく聴きたい方はこちらからどうぞ↓

皆さんは、“可処分気力” について考えたこと、ありますか? ▼無料キャリア面談への申し込みはこちらから

可処分気力とは?

耳なじみのない言葉かも知れません。
それもそのはず、実はこの言葉、我々YOUTURNが作り出した言葉でもあるんです。なぜこの言葉を作り出したかというと、移住転職を考える上で、とても大事な視点だったから。

可処分というのは、言い換えると“自由に使える”ということ(可処分所得、可処分時間など)。つまり、可処分気力というのは “自由に使える気力” を意味しています。

可処分気力が増えると、ふとやってみようかなと思い付きで行動したり、新しいことにチャレンジしてみたりといった行動に繋がります。自分の可能性が広がり、エネルギーが漲っていくような状態です。

福岡/九州への移住転職で可処分気力が増えるワケ

可処分気力を増やすためには何が必要でしょうか?

いくらお金があっても、時間があっても「やってみよう!」という気力がなければなかなか動けないことって、結構ありますよね。
何気なくやってみようと思えるには、心の余白が必要だと思うのです。

義務感にかられて自分を鼓舞するのではなく、ふと「やってみよう」「やってみたいかも!」と思える感覚。これが人生の可能性を健全に広げるのではないかと思います。

YOUTURNを通じて福岡/九州移住をされた方々にお話を聞くと、皆さん口を揃えて 「可処分気力が増えた」 とおっしゃいます。

東京を中心とした大都市では、生活が仕事中心となりやすく、自己実現のフィールド=仕事場という人が、必然的に多いものです。仕事の成果を高めよう/自分のポジションを上げていこう/ 自分のポジションをしっかり守ろう、そういう心理が働く環境でもあります。

一方で、敢えて地方(地元)で働くという人生の選択をされた方はどうでしょうか。 仕事一辺倒というよりも、きちんと生活と仕事のバランスを大事にしている方が、相対的に多いように思います。移住転職をしてみると、こうした職場の雰囲気にも違いを感じるようです。

今回は、福岡/九州への移住転職によって、自分の人生の可能性を広げていくような“可所分気力” が実は増えていくらしいですよ、というお話をしてみました。

あとがき

今回は YOUTURNラジオ #9 可処分“気力”、持てていますか? よりピックアップしてお届けしました。

ワークライフバランスを重視して仕事選び・職場選びをするとき、意外と可処分気力は盲点になりがちです。

労働時間や生活コストの観点だけで考えず、可処分気力に着目することで、仕事外の生活を充実したものにできるように思います。余白ができる→生活が充実する→仕事も充実、好循環を作っていきたいですね。

思考整理をしたい方、他のエピソードもぜひ聴いてみてください!

YOUTURN RADIO最新話はこちらからどうぞ↓

累計の移住転職実績100名以上!
福岡専門、ハイクラス・エクゼクティブ特化
登録無料で、情報収集とキャリア面談から

著者プロフィール

YOUTURN編集部
YOUTURN編集部
YOUTURNは、累計100名以上のハイクラス・エクゼクティブ、大都市の最前線で活躍されたビジネスパーソンの九州・福岡への移住転職を支援するエージェントです。地域特化、UIターン転職ならではフル・オーダーメイド転職支援を通じて、今世の中の求人票にはない、あなただけの求人ポジションをつくります。